フォーラム案内

ホームフォーラム案内NPOフォーラム(例会No.186)

★NPOフォーラム(例会No.186)

★★★★★★☆彡☆彡☆彡☆彡☆彡☆彡☆彡★★★★★★

  ★『グローバル経済社会研究所』 第3回フォーラム

      「デフレの正体」とは
      経済は「人口の波」で動く
      「生産性の上昇で成長維持」は内需にマイナス
      「現役世代人口の減少」=日本の問題はここにある
      生産年齢人口の減少による経済、社会の影響
      打開の処方箋は!

◎ゲスト:日本政策投資銀行地域企画グループ参事 藻谷 浩介氏

◎日時:12月22日(水)6:45pm〜9:00pm
             親睦会9:00pm〜
◎会場:表参道 東京ウィメンズ・プラザ

◎主催:NPOアクティブミドル国際協会
    http://amia.jp/

★★★★★★☆彡☆彡☆彡☆彡☆彡☆彡☆彡★★★★★★☆★

☆★☆『グローバル経済社会研究所』スタート!!
第3回フォーラム

バブル崩壊から「失われた20年」、日本は漂流し閉塞感に満ちてい
ます。この苦境を乗り越えるには、グローバルに生きるほか日本の
未来はないでしょう。
すべての経済、社会活動が密接に世界と繋がっています。
特にアジアの隆盛は目覚しく、国際間のビジネスが広がっています。

グローバルな経済、社会を考えるにあたって、経済、社会、政治、
行政のトップランナーにゲストに来ていただき研究会を開催します。
第3回は日本政策投資銀行地域企画グループ参事 藻谷浩介氏をゲスト
にお迎えし参加者とともにグローバル経済、社会の展開を考えていきます。

角川新書ー「デフレの正体」ー16万部突破!
経済は「人口の波」で動く
「生産性の上昇で成長維持」というマクロ論者の掛け声ほど愚かに聞こえる
ものはない。現実は内需にマイナスに働いているからだ。
「現役世代人口の減少」、日本の問題はここにある!誤った常識を事実で
徹底的に排す!!
日本社会の実態を浮き彫りに、氏の著書は16万部突破の勢い。
生産年齢人口の減少による経済、社会の影響、
グローバル化する経済、社会、今後の日本の問題について提言
・打開の処方箋とは!
1)高齢富裕層から若者への所得移転。
2)女性の就労と経営参加を当たり前に。
3)労働者ではなく外国人観光客、短期定住客の受け入れ。

○藻谷浩介氏より: 資料

--------------------------------------
◎ゲスト略歴: 藻谷 浩介(もたに こうすけ)氏
山口県生まれの46歳。東大法学部卒業、日本開発銀行入行、
米国コロンビア大学ビジネススクール留学、日本経済研究所出向など
を経ながら、2000年頃より地域振興の各分野で精力的に研究・著作・
講演を行う。平成合併前3,200市町村の99.9%、海外59ヶ国を概ね私費
で訪問し、地域特性を多面的に把握。2010年度より現職。公職多数。
近著「デフレの正体」(角川Oneテーマ21)がベストセラーに。
(株)日本政策投資銀行 地域振興グループ 地域支援班 参事役
特定非営利活動法人 ComPus地域経営支援ネットワーク 理事長
09年DBJシンガポール(株)シニアアドバイザー兼IE Singapore (シンガポール
政府国際企業庁)パートナー

著作:デフレの正体 [角川Oneテーマ21 2010年6月刊行](単著、16万部)
実測!ニッポンの地域力 [日本経済新聞出版社 2007年](単著、1万5千部)
連載「できることやってる?日本の地域」(月刊地域開発)
「意外に強い地域の実力」(朝日新聞be土曜日青版)
「実測!ニッポン経済」(週刊エコノミスト)
「全国まちづくり行脚」(月刊石垣)
「寒風温風」(北海道新聞不定期連載中)「今を読む」(中国新聞)等

--------------------
●日時:12月22日(水)午後6時45分〜午後9時
    *フォーラム後、午後9時〜別会場にて親睦会あり
●会場:表参道 東京ウィメンズ・プラザ
    東京都渋谷区神宮前5−53−67
地図: こちら
●会費:一般5,000円(amiaに初めての参加者は1000円割引)
    NPO「アクティブミドル国際協会」会員3,000円
   (事前申し込み・ご入金が必要です)
    ・当日参加はお断りすることがあります。
◎事前にご入金ください
*振込先:三井住友銀行 新宿支店
     普通口座 3469854
     アクティブミドル国際協会 宛
●申込:以下をクリック、申し込み欄に記入、お送りください。
NPOアクティブミドル国際協会 事務局

お申込み・お問い合わせはこちらから

メールマガジン
フォーラムやセミナーの開催情報や、最新情報をお届けいたします。

メールマガジン申込み

会員ページはこちらから

入会のご案内

グローバル経済社会研究所