フォーラム案内

ホームフォーラム案内NPOフォーラム(例会No.629)

★NPOフォーラム(例会No.629)


★★★★★★☆彡☆彡☆彡☆彡☆彡☆彡☆彡★★★★★★

      ★「ブルネイ・フォーラム」

東南アジアのイスラム教国
     ブルネイは世界で有数の金持ちの国

◎主賓:駐日ブルネイ・ダルサラーム国大使 カミラ・ハニファ氏
    (通訳つき)

◎日時:1月31日(水)18:30〜21:00

◎会場:駐日ブルネイ・ダルサラーム国大使館 大使公邸

◎主催:NPOアクティブミドル国際協会

◎後援:駐日ブルネイ・ダルサラーム国大使館 港区国際交流協会

◎協力:航空会社

★★★★★★☆彡☆彡☆彡☆彡☆彡☆彡☆彡★★★★★★☆★

アジアのイスラム国、ブルネイ王国。駐日大使は女性です。
Amia大使館対抗「3x3バスケ大会」に昨年、今年とブルネイ大使館が
アメリカ、中国、ロシアを抑えて連続優勝。
高輪にある大使館、大使公邸で「ブルネイを知るフォーラム」
を開催します。大使公邸は雰囲気のある調度品、内装です。

ブルネイ・ダルサラーム国(ブルネイ・ダルサラームこく)、通称ブルネイは、東南アジアのイスラム教国で、
イギリス連邦加盟国である。ボルネオ島(カリマンタン島)北部に位置し、北側が南シナ海に面するほかは陸地では
マレーシアに取り囲まれている。首都はバンダルスリブガワン。元首はハサナル・ボルキア国王(スルターン)。
石油や天然ガスなどの資源を多く埋蔵しており、ASEANの一員になっている。環太平洋戦略的経済連携協定の原加盟国
でもある。

ブルネイは世界で有数の金持ちの国だが、経済のほとんどを石油や天然ガスなどの天然資源に依存しており、
天然資源の価格や収穫量の変動によって強く経済が影響を受ける。
現在の原油の低価格な状況、そしてブルネイにある天然資源がこれから20数年後には枯渇してしまう予測がある中、
天然資源に大きく依存するブルネイ政府はBrunei Vision 2035という2035年までにブルネイが達成すべき目標を掲げ、
現在大きく3つのことに取り組んでいる。
 1. 国民が世界最高水準の高い教育と優れた技術を取得している
 2. 生活水準の高さが世界上位10ヵ国以内
 3. ダイナミックで持続可能な経済力をもち、世界有数の国民一人当たりの所得
これら3つを達成するためにブルネイ政府がすべきこと、それはは安定した財政収入を得るために天然資源に依存した
産業構造から脱却し、産業を多角化すること。
現在ブルネイ政府は産業構造を多角化するための1つの施策として、観光業に力を入れている。

ブルネイのランドマーク的存在の定番観光名所,スルタン・オマール・アリ・サイフディン・モスク。
先代の国王によって建てられたので,通称オールドモスクと呼ばれている。水に浮かぶ宮殿といった雰囲気の美しいモスク。
礼拝時間以外には内部を見学できることも。世界中から一流品を取り寄せ,贅を凝らした造りです。
ブルネイは治安もいいので夜のライトアップも見学。




(日本外務省データ)
1 面積 5,765平方キロメートル(三重県とほぼ同じ)
(注)三重県は5,777平方キロメートル。愛知県(5,163平方キロメートル)より大きく
茨城県(6,096平方キロメートル)より小さい。
2 人口 41.7万人(2015年)(外国人在留者含む。出典:ブルネイ首相府)
3 首都 バンダル・スリ・ブガワン
4 民族 マレー系66%,中華系10%,その他24%(2015年,出典:ブルネイ首相府)
5 言語 憲法で公用語はマレー語と定められている。
英語は広く通用し,華人の間では中国語もある程度用いられている。
6 宗教 イスラム教(国教)(78.8%),仏教(8.7%),キリスト教(7.8%),その他(4.7%)
経済
1 主要産業
石油・天然ガス(産出量:石油(17.7万バレル/日),天然ガス(14.9万バレル・オイル・エクイバラント/日))(2015年)
(出典:ブルネイ首相府)
2 名目GDP 127億米ドル(2015年)(出典:ブルネイ首相府)
3 1人当り名目GDP 30,437米ドル(2015年)
(注)GDPの6割以上を占める石油,天然ガス部門の動向に大きく左右される。(出典:ブルネイ首相府)
4 実質GDP成長率 実質GDP成長率(%) 2.6 3.4 0.9 -2.1 -2.3 -0.6 (出典:ブルネイ首相府)
5 物価上昇率(前年比変化率) 物価上昇率(%) 0.0 0.1 0.1 0.4 -0.2 -0.4 (出典:ブルネイ首相府)
6 失業率 6.9%(2014年)
7 総貿易額(2015年)
(1)輸出 87億ブルネイ・ドル(2015年)
(2)輸入 44億ブルネイ・ドル(2015年)(出典:ブルネイ首相府)
8 貿易品目(2015年)
(1)輸出(2015年)液化天然ガス(55.7%),石油(37.3%),その他(7%)
(2)輸入(2015年)機械・輸送機器(39.4%),工業製品(21.4%),食料品(13.7%),
雑工業品(8.6%),化学製品(7.3%),鉱物燃料及び関連品(6.1%),その他(3.5%) (出典:ブルネイ首相府)
9 貿易相手国(2015年)
(1)輸出(2015年)日本(36.3%),韓国(15.6%),インド(9.1%),タイ(8.6%),台湾(6.9%)
(2)輸入(2015年)マレーシア(21.3%),シンガポール(14.2%),中国(11.6%),米国(10.6%),韓国(9.3%)
(出典:ブルネイ首相府)
10 通貨 ブルネイ・ドル
11 為替レート 1ブルネイ・ドル=約80.65円(2017年3月上旬時点)(注:ブルネイ・ドルはシンガポール・ドルと等価交換されている)

--------------------
◎大使略歴:カミラ ハニファ 駐日ブルネイ ダルサラーム国大使
1963年生れ 既婚 4子
学歴 :
1989年 英国キール大学 理学士 (優等学位 )コンピュータマネジメト
1992年 英国ランカスター大学 経営学修士
1989年ブルネイダサラーム大学教授補佐
1993年ブルネイダサラーム大学講師
2001年第一資源産業省 特別行政官
2005年外務貿易省特別 行政官
2006年公使/台北 貿易 観光 代表処
2012年外務貿易省香港マカオ総領事
2015年外務貿易省総領事
趣味 :1. バドミントン 2. ボーリング

------------------------------------------------------------------
●日時:1月31日(水)午後6時30分〜午後9時
●会場:駐日ブルネイ・ダルサラーム国大使館
 地図:参加確定者にご案内します。
●内容:駐日大使、文化担当官による「ブルネイ」レクチャー、Q&A
    ブルネイ料理、飲み物を味わう。
ブルネイに関するクイズ(大使館より賞品)
★事前(7日前まで)に申し込みが必要です。
・参加の際はセキュリティーチェックのためにあらかじめ名簿(氏名、住所、
 勤務先、連絡先電話、メールアドレス等)を提出しますのでご協力ください。
・個人情報提出可能な方のみ申し込み受付します。
・定員:35名
★定員があり、会員優先です。入金確認の先着順としますが経緯によっては
 お断りすることもあります。開催7日前に参加者を確定します。
●会費:「アクティブミドル国際協会」会員6,800円(料理、飲物)
     ★非会員の参加費はお問い合わせください。
    (開催7日前までの申し込み・ご入金が必要です)
    ・当日の直接参加は固くお断りします。
    ・開催7日前以降のキャンセルは会費を頂きます。
◎開催7日前までにご入金ください
●申込:以下をクリック、申し込み欄に記入、お送りください。
NPOアクティブミドル国際協会 事務局

お申込み・お問い合わせはこちらから

メールマガジン
フォーラムやセミナーの開催情報や、最新情報をお届けいたします。

メールマガジン申込み

会員ページはこちらから

入会のご案内

グローバル経済社会研究所