フォーラム案内

ホームフォーラム案内キルギス・ファンクラブ Kyrgyz FanClub

★キルギス・ファンクラブ Kyrgyz FanClub


★★★★★★☆彡☆彡☆彡☆彡☆彡☆彡☆彡★★★★★★

   ★NPOフォーラム(例会No.120)

       中央アジアのスイス
       「キルギス・フォーラム」
    駐日キルギス共和国特命全権大使 マラット・ジャマンバエフ氏の
     キルギスについてのレクチャー(通訳あり)
     DVD上映、三弦演奏。
     大使、大使館員とともにキルギスワイン、ブランデー、
     大使館員特製のキルギス料理、を味わいます。

◎日時:5月29日(金)6:30pm〜

◎会場:キルギス大使館

◎主催:NPOアクティブミドル国際協会
    http://amia.jp/
◎後援:駐日キルギス共和国大使館

★★★★★★☆彡☆彡☆彡☆彡☆彡☆彡☆彡★★★★★★☆★

キルギス人は世界でもっとも古い民族の一つと言われている。
紀元前201年の中国の文献上に、南シベリアと中央アジアに居住している民族
のことが書かれてあり、これが、キルギス人に関する最古の記述であると考え
られている。
キルギス共和国には、シルクロードの3本の支路(パミールアライ、フェルガナ、
チュイ)が通っている。 3000年の歴史をもつ南部の中心都市オシュは、アジア
で最も歴史のある都市のひとつである。オシュの聖地には中央アジア全域から
イスラム教徒がやってくる。現在は、国内全域でシルクロードの復興事業が行わ
れている。
「中央アジアのスイス」と呼ばれるほどの観光資源や農畜産物生産に適した気候、
また教育水準の高い労働力などの長所を活用し、基幹産業の確立、外国資本の
誘致をはかろうとしている。

2006年秋に駐日キルギス大使と文化担当官を招いてフォーラムを行いましたが
今回はキルギス大使館内で行います。
前広報担当官も現在の参事官も顔は日本人そっくり。会って日本語で話をしていると、
日本人と間違えるくらいで親近感の湧く国です。
新任大使みずから大使館員とともにみなさまを歓待します。
この機会に日頃馴染みのないキルギスと友好を深めてください。

キルギス共和国データ(外務省)
・面積:19万8,500平方キロメートル(日本の約2分の1)
・人口:540万人(2008年:国連人口基金)
・首都:ビシュケク(Bishkek)
・民族:キルギス人(64.9%)、ウズベク人(13.8%)、ロシア人(12.5%)、
 ダゲスタン人(1.1%)、ウクライナ人(1.0%)(2009年:CIA THE WORLD FACTBOOK)
・言語:キルギス語が国語。(ロシア語は公用語)
・宗教:主としてイスラム教スンニ派
・略史:
16C キルギス民族が、現キルギスの地で暮らすようになる
18C キルギス地方、中国清朝の支配下にいる 入る
19C コーカンド・ハーン国の支配下に入る
1876年ロシアの支配下に入る
1918年ロシア革命後、ロシア共和国内の「トルキスタン自治ソヴィエト社会主義共和国」
の一部となる
1924年ロシア共和国内の「カラ・キルギス自治州」となる
1925年「キルギス自治州」に名称変更
1926年自治州をキルギスソヴィエト社会主義共和国に格上げ
1936年ロシア共和国から切り離し、「キルギス・ソヴィエト社会主義共和国」を創設、
連邦構成共和国としてソ連に加盟
1990年共和国主権宣言
1991年キルギス共和国が独立

・経済:
・主要産業:農業・畜産業(GDPの約3割)、鉱業(金採掘)
・GDP:37億ドル(2007年:EBRD)
・一人当たりGDP:712ドル(2007年推定値:EBRD)
・経済(実質GDP)成長率:8.2%(2007年推定値:EBRD)
・物価上昇率:10.2%(2007年推定値:EBRD)
・失業率:8.9%(2007年推定値:EBRD)
・総貿易額:(2007年推定値:EBRD)
輸出15.59億米ドル 輸入26.35億米ドル
・主要貿易品目:(2008年:CIA THE WORLD FACTBOOK)
輸出ー綿繊維、毛、肉類、タバコ、金、水銀
輸入ー石油、ガス、機械設備、化学製品、食料品
・主要貿易相手国:(2008年:CIA THE WORLD FACTBOOK)
輸出ーロシア、スイス、カザフスタン、アフガニスタン、ウズベキスタン、中国
輸入ーロシア、中国、カザフスタン、ウズベキスタン
・日本との経済関係:
日本の対キルギス貿易
・貿易額(2008年:財務省貿易統計)輸出ー35.8億円 輸入ー1.1億円
・主要品目(2008年:財務省貿易統計)
輸出ー機械類及び輸送用機器、自動車、建設用・鉱山用機械
輸入ーアルミニウム及び、同合金
日本からの直接投資 無し

◎ゲスト略歴:駐日キルギス共和国特命全権大使 マラット・ジャマンバエフ氏
1956年生まれ ビシュケク市出身 キルギス共和国国務委員
既婚、2女1男、 語学:キルギス語、ロシア語
学歴:
1973-1978キルギス農業アカデミー 技術
1997-1999キルギス国立大学 法学部
2004カザフ国立大学大学院 政治学
職歴:
1978-1986キルギス共和国チュイ州技術職 1986-1990チュイ州政党指導部
1990-1991チュイ州政党委員長 1991-1993チュイ州村議会長
1993-1996チュイ州農場ディレクター 1996-1999大統領府スタッフ、イスクル州知事
1999-2000チュイ州知事 2000-2002大統領府政策局長
2008年8月〜駐日キルギス共和国大使

●日時:5月29日(金)午後6時30分〜
●会場:キルギス大使館
地図:参加申し込み者にご案内します。
こちら
●内容:マラット・ジャマンバエフ大使のキルギスについてのレクチャー
DVD上映、三弦演奏。大使、大使館員とともにキルギスワイン、ブランデー、
大使館員特製のキルギス料理、を味わいます。
★事前(1週間前まで)に予約が必要です。
(大使館はセキュリティーの関係上、名簿を提出します)
★ドレスコードあり(スーツまたはジャケット着用。ジャンパー、ジーパン、帽子、不可)
★収容人数が少ないので先着順とします。

●会費:会員4,000円(事前申し込み・ご入金が必要です)
    非会員6,000円(事前申し込み・ご入金が必要です)
    *早期入金割引もあります。(お問い合わせください)
    *先着順。*飲み物、食事付き。
・当日の直接参加は固くお断りします。
    ・7日前以降のキャンセルは会費を頂きます。
◎事前にご入金ください
*振込先:三井住友銀行 新宿支店
     普通口座 3469854
     アクティブミドル国際協会 宛
●申込:以下をクリック、申し込み欄に記入、お送りください。
NPOアクティブミドル国際協会 事務局

お申込み・お問い合わせはこちらから

メールマガジン
フォーラムやセミナーの開催情報や、最新情報をお届けいたします。

メールマガジン申込み

会員ページはこちらから

入会のご案内

グローバル経済社会研究所